ラズベリーリーフティー(安産のハーブティー)回顧録

マタニティ・出産・妊活
赤ちゃんイメージ

お産が怖くて
とにかく楽に出産したいと思って。
でも無痛分娩をしたいとも思わず
色々探していたらラズベリーリーフティーと出会いました。

ラズベリーリーフティーとは?

ヨーロッパでも、多くの助産師が産前産後に勧めるなど、伝統的に飲まれているハーブです。

効能

<肌トラブル予防>
ビタミン・ポリフェノールが豊富なので美容にもよいとされています。

<生理痛やPMS(月経前症候群)の軽減>
フラガリンという成分が含まれていて、これには子宮や骨盤周りの筋肉を緩めてくれる働きがあります。

<より安産に>
フラガリンが子宮や骨盤周りの筋肉を緩めてくれることにより、陣痛の苦痛を和らげ、子宮収縮を高める、分娩の時間を短縮、出血を少なくさせる効果が期待できる

母乳の出がよくなる
フラガリンが子宮や骨盤周りの筋肉を緩め子宮収縮を高まることにより、母乳の出がよくなります。

⚠︎注意点:子宮筋を収縮させる作用があるため、妊娠初期から中期に飲んではダメ!

 ヨーロッパで妊婦192名を対象に行った研究では、妊娠8カ月からの3カ月の間1.2gのラズベリーリーフティーを1日2杯飲んだ妊婦さんは、飲んでいない妊婦さんと比べて「出産時間が平均9.6分短い」「吸引割合が19.3%と少ない(飲まなかった人:30.4%)」と分娩に対して効果的だったという結果が出ている。

https://fanfunfukuoka.aumo.jp/articles/80738

ハーブ専門店のスタッフと産婦人科の管理栄養士に聞いてみた

<ハーブ専門店スタッフ>
「主治医に相談してくださいね。」
主治医がハーブに詳しいとは思えんのだが。

<産婦人科の管理栄養士>
「ごめんねー詳しくないからわからない」
ん〜。何かあった時に責任取れないかこういう風に言うのか
本当に知らないからそう言うのか。

薬剤師さんにも聞いて見ればよかったかな。(今更

とりあえず切迫早産の診断は出ていなかったし
内服もなかったので妊娠後期〜自己判断で試しに飲んでみることにした。

購入

飲んでみた

<適量>
1日2~3杯(茶葉4~15g分)
飲みすぎると子宮痙攣を起こす可能性があるため注意。

<風味>
1日2杯までと決めてゴクゴク。うん!美味しい!!
ハーブティー飲むとホッとしてリラックスできるのよね。
独特な香りはなく酸味のあるスッキリとしたお味でした。
ノンカフェインなので安心です!

出産の時も陣痛の合間にどれだけリラックスできるかで
しんどさが変わるって助産師さん言っていから
分娩室に電気ケトルとラズベリーリーフティー持って行って
陣痛が弱い時に沸かして飲んでました。
(もちろん事前に電気ケトル持参して使っていいかは確認しました。)
おかげで、本陣痛来るまではかなりリラックスして過ごしてました。
(前期破水だったので破水してすぐ病院に行ったが
まだ余裕で歩いたり喋ったりできるレベルだったので飲めた。)
ただ、本陣痛きてからはそれどころじゃなかったな。

ラズベリーリーフティーを妊娠後期から飲んで出産はどうだったのか?

<肝心の分娩所要時間(本陣痛発来から出産まで)>
約3時間。初産にしては早い。ちなみに初産の平均分娩所要時間は14時間。
<出血量>
中量
<分娩>
前期破水でしたが正常分娩でした。
(前期破水してしまうと羊水だけ減って分娩が進まない場合は
促進剤打ったり、帝王切開になってしまう場合もあります)

スピード安産でした!!

<母乳>
出産後5日には分泌良好でした!

まとめ

スピード安産でしたが
他の要因も絡んでいると思うので
効果があるかはよくわからないけれど
個人的にはラズベリーリーフティー飲むとほっこりして
リラックスできたので飲んでみてよかったなあと思ってます。




コメント